RSS | ATOM | SEARCH
ご存知ですか?
 こんにちは。だいぶ暖かくなってきましたね。いよいよ春!!
春になると新しいスタートの季節という感じで、なんとなくワクワクしてきます。花粉症がなければ、最高の季節なんですけどね〜。皆さんは、花粉症大丈夫ですか?


さて、今回のブログは・・・・・問題です。写真を見ていただきましょう。

この楽器、なんという楽器でしょうか?



「ピッコロ!!」


残念、違います。


頭部管と主管の長さが同じぐらいです。



ちょっと見にくいですが、唄口(息を吹き込む穴)は、フルートと比べるとだいぶ頭部管の下の方にあります。





では、答えです。

この楽器は、 「高音チョッテ」 という朝鮮の民族楽器です。
なかなか修理にくることがない珍しい楽器です。

お客様から修理のご依頼のお電話で、「ピッコロのような民族楽器なんですが・・・」と聞き、もしかして、以前修理経験のある”チョッテ”かな〜?と思い、現物を拝見させていただいたところ、正解!!

この”チョッテ”という楽器は、高音チョッテ・中音チョッテ・低音チョッテという三種類があるのですが、今回ご依頼いただいたのは、高音チョッテです。ピッコロに似た音色ですが、ピッコロより管体に厚みがあるからか、ピッコロより少し柔らかい音がします。

今回は、全タンポ交換&調整でのご依頼です。・・・チョッテ専用のタンポは、国内では手に入りませんので、他の楽器のタンポで径の近いものに手を加え、交換させていただきます。


アトリエSoloでは、このような珍しい民族楽器や古楽器などの修理も承っております。ぜひぜひ、お問合せください。
author:アトリエSolo, category:修理・改造, 09:03
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://atelier-solo.jugem.jp/trackback/70