RSS | ATOM | SEARCH
C・・・?B・・・?移調って難しい
 今日は、我が家のトランペットが登場です!!

最近、学校で何度も聴く機会があったからか、息子がトランペットを吹きたいと言い出しました。何年か前もそう言って少し吹いていたんですが・・・途中で飽きちゃいまして。でも、それから何年もたち息子の体も大きくなって楽器の構えもだいぶさまになってきました。
今度は、飽きずに続けてくれるといいな〜と思います。


ある日、練習中に

息子: なんで「シ♭」なのに「ド」なの?
父:   B♭管だからさ
息子: ・・・????

いやいや確かにそうですけどね〜。
これを書いている私は、オーボエ吹きなのでC管!! 調は気にすることがありません。

ここで、詳しい各楽器の調の話や移調の話はいたしません。ごめんなさい。
(ず〜っと前に勉強したきりで、自分の中ではよくわかっているのですが、先生方のように上手く説明できないので・・・。)

移調の話は、考え出すと どんどんこんがらがってきそうです。

息子のお友達で金管クラブで、トランペットを吹いている子からも同じ質問を受けました。
その子は、ずっとピアノを習っていて、ちゃんと音が聞き分けられるんですね。すごい!!
吹いていてずっとなんでシ♭なのに先生はドって言うんだろうって疑問に思っていたそうです。

実は、私はオーボエを吹く前は、トロンボーン吹きでした。トロンボーンもB♭です。
でもその頃、そんなこと何にも考えずに、先生に言われるまま、楽譜のまま吹いていました。

ある意味、その方が気が楽だったりして!?



author:アトリエSolo, category:-, 15:38
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://atelier-solo.jugem.jp/trackback/46