RSS | ATOM | SEARCH
スワブのお話
 今日は、みなさんが1度はヒヤッとしたことがあるであろうスワブのお話をしたいと思います。


実は、わたくし過去に1度だけやってしまいました・・・・!!オーボエの下管にスワブを詰まらせてしまったのです(お客様の楽器ではないですよ。自分の楽器です)

上管ではなく、下管です。しかも急いで片付けていたわけでもなく、いつも通りなにげなく片付けていた最中でした。最初にあれ?っと思った瞬間、触らなければよかったんですよね。今、思えば。

オーボエ初心者なわけでもなく、今まで1度も詰まらせたことなんてなかったので、これは旦那様にバレる前に絶対に自分で解決しなくては・・・という焦りもあって、もうちょっとひっぱってみよう!そんな気持ちが余計に裏目にでてしまい、とうとう簡単には取れなくなってしまいました。

その後、もちろん取れましたが・・・(自分の楽器なので、修理代はとれませんね〜。ああ、なんて無駄な時間を費やしたんだという感じです)


こんなに楽器をさわっている者でさえ、こんなことが起こります。(いや、本来なら起こってはいけないのですが突然、何が起こるかわからないという悪い例です)

5月は、たくさんの新入部員さんたちが、初めて楽器に出会う季節です。

先輩から、スワブを詰まらせないように!!と、注意を受けていると思いますが、やってしまった!と思ったら、すぐにそれ以上引っ張るのをやめてください。
焦れば焦るほど、引っ張って、リペアマンでさえ取るのが大変になってしまいますので。
困ったときは、すぐに専門家に診てもらってくださいね。

ちなみに、アトリエSoloでもその場ですぐに対応いたします


        

楽器は、水分を嫌います。スワブは、正しい使い方をすれば万能のお手入れ用品です。
使う前に、必ず布を広げてから通してくださいね。
それから、楽器にあった大きさのスワブを使いましょう。

author:アトリエSolo, category:木管楽器のお手入れ, 14:45
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://atelier-solo.jugem.jp/trackback/19