RSS | ATOM | SEARCH
定期点検のお勧め

 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、吹奏楽部のみんなさんにとっては、雨なんて吹き飛ばしてしまうぐらいの熱気で練習に励む日々だと思います。

いよいよコンクールが近くなってきましたね

うん十年前の私もこの時期は、部活命!で、この時期を過ごしていました。
今までの練習の成果を発揮するとき。暑さに負けず、体調を整えて頑張ってくださいね。


さてこの時期、毎日の練習で思わぬ事故・・・急に音がでなくなっちゃった、楽器を落としてしまった、来週本番なのにどうしよう・・・なんてことが、ときどきあります。
リペアマンは、もちろんみなさんの味方ですので、大急ぎで修理いたしますが、痛みの激しい場合などは、どうしても時間がかかってしまうことがあります。

皆さんは楽器を時々、点検してもらっていますか?
1年に1度でもいいので専門家に点検してもらうことをお勧めします。定期的に点検してもらっていれば、突然の不具合にも対応しやすくなります。
管楽器は、とてもデリケートなので、ちょっとしたことでバランスが崩れて音がでにくくなったりします。吹いていて、あれ?いつもとちょっと違うかな?と思ったら専門家にみてもらうといいと思いますよ。


特にダブルリード吹きは、音が出にくいとき、自分の吹き方が悪いのか、リードが悪いのか、楽器が悪いのか、非常に迷う時がよくあると思います。私は、たいていリードのせいにしてますが・・・ 楽器のバランスがくるっているときも当然ありますので、こまめに点検してもらうといいかと思います。


アトリエSoloでは、木管楽器全般の点検、受け付けております。予約制ですが、持ち込みの方はその場ですぐに点検いたします。お気軽にお問合せください



author:アトリエSolo, category:木管楽器のお手入れ, 14:44
comments(0), trackbacks(0), -
キイオイル
今回は、キイオイルについてお話します。

キイオイル、どんな時に注しますか?

金管楽器にオイルを注すのと木管楽器にオイルを注すのは、ちょっと感じが違います。
木管楽器のキイオイルは、キイの動きをよくするためとノイズをとるために注します。

時々、キイオイルを注しすぎている楽器を目にします。
もちろんオイルは、キイの動きをよくするために注すのですが、オイルが多すぎると、タンポについてしまったり、余計なほこりがついてしまったり・・・という良くないことがおこってしまいます。

以前、キイの動きがよくないからといってオイルを注しすぎて、油まみれになった楽器に出会いました。キイの動きがよくない原因は、キイが曲がっていたり、錆はじめてしまったためにという色々な原因が考えられます。キイの動きが悪いのは、オイル切れということだけではないんですね。
もちろん、オイルを注せばよくなるものもあります。オイルを注してもよくならない場合は、専門家に診てもらうのが一番です。

オイルは、キイの動きがスムーズでもノイズがしはじめたら、少量注しましょう。
そのあと、はみだしたオイルは、必ず拭きとってくださいね。



 
author:アトリエSolo, category:木管楽器のお手入れ, 10:38
comments(0), trackbacks(0), -
スワブのお話
 今日は、みなさんが1度はヒヤッとしたことがあるであろうスワブのお話をしたいと思います。


実は、わたくし過去に1度だけやってしまいました・・・・!!オーボエの下管にスワブを詰まらせてしまったのです(お客様の楽器ではないですよ。自分の楽器です)

上管ではなく、下管です。しかも急いで片付けていたわけでもなく、いつも通りなにげなく片付けていた最中でした。最初にあれ?っと思った瞬間、触らなければよかったんですよね。今、思えば。

オーボエ初心者なわけでもなく、今まで1度も詰まらせたことなんてなかったので、これは旦那様にバレる前に絶対に自分で解決しなくては・・・という焦りもあって、もうちょっとひっぱってみよう!そんな気持ちが余計に裏目にでてしまい、とうとう簡単には取れなくなってしまいました。

その後、もちろん取れましたが・・・(自分の楽器なので、修理代はとれませんね〜。ああ、なんて無駄な時間を費やしたんだという感じです)


こんなに楽器をさわっている者でさえ、こんなことが起こります。(いや、本来なら起こってはいけないのですが突然、何が起こるかわからないという悪い例です)

5月は、たくさんの新入部員さんたちが、初めて楽器に出会う季節です。

先輩から、スワブを詰まらせないように!!と、注意を受けていると思いますが、やってしまった!と思ったら、すぐにそれ以上引っ張るのをやめてください。
焦れば焦るほど、引っ張って、リペアマンでさえ取るのが大変になってしまいますので。
困ったときは、すぐに専門家に診てもらってくださいね。

ちなみに、アトリエSoloでもその場ですぐに対応いたします


        

楽器は、水分を嫌います。スワブは、正しい使い方をすれば万能のお手入れ用品です。
使う前に、必ず布を広げてから通してくださいね。
それから、楽器にあった大きさのスワブを使いましょう。

author:アトリエSolo, category:木管楽器のお手入れ, 14:45
comments(0), trackbacks(0), -
ケースも気分転換

 今日は、いい天気ですね・・・・と、思っていたら急に雲行きがあやしくなり雷の音が・・・
最近の天気は、ちょっと異常な感じがして怖いですね。


午前中、天気が良かったので、ケースの陰干をしました。

楽器はよく磨くけれど、ケースのことってお忘れの方が多いんじゃないでしょうか?
練習したあとにすぐにしまってそのまま・・・っていうことがほとんどですよね。

天気のいい日に、たまにケースの陰干をしてみては、いかがですか。
これから、梅雨の季節になると臭いも気になってくるものです。
少し消臭剤をかけて陰干するだけで、だいぶ違うと思います。

ケースを直射日光に当てないように注意してくださいね。
 
 
 
author:アトリエSolo, category:木管楽器のお手入れ, 14:15
comments(0), trackbacks(0), -