RSS | ATOM | SEARCH
出張修理のお供
 
こんにちは。朝晩、だいぶ寒くなってきましたね。

ですが、この時期の体感温度って人それぞれだなあと感じます。アシスタントの私は、冷え性で寒がりなので、すでにたくさん着込んでいます。でもsoloのリペアマンは、いまだに半袖で修理しています・・・暑いのもつらいけど、寒〜い冬も苦手です(-.-;)皆さんも風邪などひかぬようお気をつけくださいね。


では本題に入ります。本日は、出張修理のときに持っていくお供を紹介します。

道具を収納する「ノミ巻き」です!!






名前の通り、ノミを収納する袋ですが、修理に使う道具を収納するのにもちょうどよいのです。
(実際の出張修理にいくときは、もっと道具を持っていきますが、とりあえずこんな感じで使用します)





道具の持ち運び方は、修理される方によって様々ですし、工具を直接収納できる専用鞄もあるのですが、色々と試していったなかで、Soloのリペアマンはこのノミ袋がお気に入りだそうです。

このノミ袋に修理道具をずっと収納していると道具が錆びてしまいよくありませんので、これは、移動するときのみに使用する袋です。普段は、机の横に修理道具を並べていて、手を伸ばせばすぐに道具が使えるようにしています。


ずっと愛用していたものが古くなり、布がやぶけてしまったので、新しいものを購入しました。

このノミ袋、先日近所のホームセンターで見つけました。
ずっと色々なお店で探していたのですが、なかなかちょうどいい物が見つからなくて。そのホームセンターにもちょっと前までは、置いてなかったのですが、先日行ったころに、ちょうど入荷したようです。

今は、インターネットでたいていの物が買える時代ですが、やはり手に取って目にして購入したいものもありますよね。

このノミ袋、帆布製です。今は新品なので、まだちょっと硬いのですが、使い込んでいくうちにいい感じになじんでくれるのが楽しみです。



アトリエSoloでは、出張お手入れ講習会や出張修理も承っております。

出張のため、工房にいない時がありますので、持ち込み修理をご依頼のお客様は、必ず、お電話やお問合せページ、Twitter、Facebook等でご予約いただきご来店ください。
どうぞよろしくお願いいたします。



author:アトリエSolo, category:修理道具, 10:26
comments(0), trackbacks(0), -
あれ?こんなところに・・・
 
こんにちは。朝晩はだいぶ肌寒く感じるようになってきました。日も短くなりいよいよ秋本番ですね。

芸術の秋、たくさんのコンサートが催されていますね。お客様の出演される演奏会、全てに行くことができず本当に残念ですが、できるかぎりたくさんの演奏会に行かせて戴きたいと日々、思っております。

さて、今日は工房内のあれ?を紹介します。

アシスタントの私が、外出先から戻ってくると・・・B♭クラリネットのキイが浮いています。

Soloのリペアマン曰く、蛍光灯の紐が長すぎて邪魔だったので短くしたんだけど、何か先につけるものはないかなあと思い、ふと「修理には使えなかった"難あり"キイ」の存在を思い出したそうで。

こんな感じで、いつも机の上で浮いてます。B♭クラリネットのキイです。

        

ここで問題です!!

このキイ、B♭クラリネットのどこのキイでしょ〜か?

クラリネットを吹いている方にはすぐおわかりになると思いますが・・・(^.^;)

このキイは日の目を浴びることのなかったキイなので、役にたって喜んでいるのか、こんな使い方するなよ〜と怒っているのかはわかりませんが、いつもSoloのリペアマンの作業を上から眺めています。これが揺れたら地震かどうかもわかるので、意外と役に立ってますよ(笑)






では、先ほどの答えです。
B♭クラリネットの上管のAキイでした〜。



おかげさまで、Twitterのフォロワー数が1000を超えました。Facebookの方も少しずつですがいいね! が増えて50を超えました。
いつもアトリエSoloを応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。

開業して、半年。日々の作業にいっぱいいっぱいで、あっという間に過ぎていきました。HPを見て新規にいらしてくれたお客様や開業してすぐにいらしてくださった古くからお付き合いのあるお客様、いつもお世話になっている楽器店様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも皆様のご要望にお応えできるよう日々、精進してまいります。
アトリエSoloをどうぞよろしくお願いいたします。
author:アトリエSolo, category:修理道具, 12:40
comments(0), trackbacks(0), -
急きょ、作りましたっ!!
 
こんにちは!! ブログ、久々の更新となってしまいました。

TwitterやFacebookを使いながら、日々、試行錯誤。こちらのブログでは、主に修理に関することを書いていこうと思っています・・・が、こちらは、ちゃんとネタ(笑)を考えてから書きますので、ちょっと更新が遅れちゃうかもしれませんが、お付き合いよろしくお願いいたします。

TwitterとFacebookページは、ほぼ毎日更新してます!!

Facebookページでは、アトリエSoloのページを気にかけてくださった皆さんと、ジャンルにとらわれず、様々な音楽に関する情報を交換できる場にしていけたらなあと思っております。お勧めの演奏会・ライブ等ありましたら、コメントください!!ぜひシェアさせてくださいっ。

広がれ音楽の輪!!

な〜んちゃって、ちょっとカッコつけましたが、本当にお気軽に色々な音楽情報を共有させていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

因みに、Facebookページは、Facebookに登録していない方も見ることができますよ。
1度、覗いてみてくださいね〜。https://www.facebook.com/atelierSolo


ではでは、本日の本題に入らせていただきま〜す。
本日のお題は「急きょ、作りましたっ!!」で、ございます。


何を作ったんだって〜?はい。こちらです。



え〜、同業者の皆さんにはすぐにお分かりかと思いますが・・・こちらフルート修理に使う道具です。

フルートの吹き口の部分(頭部管といいます)の中にはこのようなコルクが入っています。



このコルクを締め付けるための金具があるのですが・・・この金具をさらに締め付ける道具なのです。

こんな風に使いますこの道具をピン穴にさして、六角レンチで締めこんでいきます。


メーカーによってこの金具を締め付ける道具は違ってくるんですが、今回はこのタイプの物が壊れちゃったんです・・・。

といううわけで、急きょ、簡易的な物を作りました。とても小さな道具ですが、とても大事な道具です。


アトリエSoloでは、ヘッドコルク交換承っております。その場ですぐにできますので、お電話1本でご予約ください。お待ちしております。


では、また!! 次回のネタ探しの旅に出てまいります〜(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


author:アトリエSolo, category:修理道具, 09:02
comments(0), trackbacks(0), -