RSS | ATOM | SEARCH
ジョイント調整
 こんにちは。大変ご無沙汰となってしまいました。気づけば季節はもう夏ですね。コンクールの夏ですね!! 

この時期は、練習にも熱が入ってきていると思います。今は、湿気の多い時期です。たくさん吹いたあとは、水分をよくとってからしまうようにしましょう。


さて本日は、ジョイント調整という内容で、書かせていただきます。


ジョイント調整とは、楽器の連結する部分がきつかったりゆるかったりするのを調節する修理内容のことです。




楽器を組むときにジョイントがきつくて、キイの部分を強く握ってしまい・・・・ぐにゃり・・・・・。こうなると、キイ曲りの修理もセットとなってしまいます。


管体の割れのときも書きましたが、木は、気温や湿度によって変化します。ですので、オーボエやクラリネットやファゴットなどのジョイント部分が木になっている部分も変化することがあるのです。
それから、オーボエやクラリネットのジョイント部には、コルクがついていますね。このコルクも長く使っているとつぶれてしまい、ジョイントが緩くなる原因となります。ファゴットの糸巻きのジョイントも同じです。
ジョイントコルク自体は悪くないのに、きつくて入りにくいということもあります。その場合は、ジョイント部分の木が膨張して、組むときに木がせってしまいきつくなるということもあります。

このちょっとした木の部分が膨張してしまうことがあります。


楽器を組むときに、コルクグリスを薄く塗ってもきつくて組みにくいなと思ったら、専門家に相談してみてください。たいていの場合、簡単に調整することができます。
楽器を組むたび、はずすたびに苦労している方は、今すぐみてもらいましょう!!


それから、フルートやサックスのネック部分の金属のジョイント部も、もちろん調節できます。
フルートやサックスのジョイントも長い間使っていると摩耗して、ジョイントが緩くなってしまうことがあります。





逆に埃などがついているのに気付かず組んでしまったり、ゆがんでしまってきつくなる場合もあります。このとき、ジョイントにグリスを塗って組む方がいますが、それは、NGです。
グリスを塗ってそこに埃がついたまま組み、きつくなる・・・悪循環です。

フルートやサックスを組むときに、いつもと違った違和感があったら、それはすぐにみてもらってください。組みにくいものを無理やり組むと、どんどんひどい状態になって、修理が大変になってしまうこともありますので。

毎日、楽器に触れていると、あれ?昨日までこんな感じだったっけ?と思うことがあると思います。
リードが良くないから音が出にくいのかな?練習不足だからかな?と思う前に、楽器の状態も見てみてください。
管楽器は、非常にデリケートです。ちょっとしたことで、調整が狂ってしまいます。
たくさん練習してきて、本番直前に楽器の調子が悪くてだめだった・・・なんてことがないように、日ごろから、楽器の状態をよくみて、ちょっとでも心配なことがれば、専門家に相談してみてくださいね。

我々、リペアマンは、演奏者のみなさまの味方です!!本番で最高の演奏ができるようお手伝いいたします。

アトリエSoloでは、TwitterやFacebookでも木管楽器のご相談を受け付けています。
どんな質問でもお気軽どうぞ〜!!
author:アトリエSolo, category:修理・改造, 08:55
comments(0), trackbacks(0), -
ご存知ですか?
 こんにちは。だいぶ暖かくなってきましたね。いよいよ春!!
春になると新しいスタートの季節という感じで、なんとなくワクワクしてきます。花粉症がなければ、最高の季節なんですけどね〜。皆さんは、花粉症大丈夫ですか?


さて、今回のブログは・・・・・問題です。写真を見ていただきましょう。

この楽器、なんという楽器でしょうか?



「ピッコロ!!」


残念、違います。


頭部管と主管の長さが同じぐらいです。



ちょっと見にくいですが、唄口(息を吹き込む穴)は、フルートと比べるとだいぶ頭部管の下の方にあります。





では、答えです。

この楽器は、 「高音チョッテ」 という朝鮮の民族楽器です。
なかなか修理にくることがない珍しい楽器です。

お客様から修理のご依頼のお電話で、「ピッコロのような民族楽器なんですが・・・」と聞き、もしかして、以前修理経験のある”チョッテ”かな〜?と思い、現物を拝見させていただいたところ、正解!!

この”チョッテ”という楽器は、高音チョッテ・中音チョッテ・低音チョッテという三種類があるのですが、今回ご依頼いただいたのは、高音チョッテです。ピッコロに似た音色ですが、ピッコロより管体に厚みがあるからか、ピッコロより少し柔らかい音がします。

今回は、全タンポ交換&調整でのご依頼です。・・・チョッテ専用のタンポは、国内では手に入りませんので、他の楽器のタンポで径の近いものに手を加え、交換させていただきます。


アトリエSoloでは、このような珍しい民族楽器や古楽器などの修理も承っております。ぜひぜひ、お問合せください。
author:アトリエSolo, category:修理・改造, 09:03
comments(0), trackbacks(0), -
多国籍☆
 こんにちは。このブログを更新している今日の東京の天気は雪です。
ここのところ暖かい日が続き、春の訪れを感じていましたが、今日は一気に冬に逆戻りですね。明日は、また暖かくなるようなので、1日1日春には近づいてますね。

さて、今日は 「多国籍☆」 と題しまして、アトリエSoloにやってくる様々なメーカーの楽器のことを少し書かせていただきます。

アトリエSoloでは、どのメーカーにも対応しております。
といっても、メーカーっていくつぐらいあるの?という話ですが、皆さんがもっともよくご存じなのは、我が日本が誇る国内メーカーの「ヤマハ」でしょうか。ピアノや弦楽器・管楽器その他色々な楽器のメーカーをあげるときりがないので、今回は、当工房専門分野である木管楽器のみについてふれさせていただきます。

木管楽器といってもフルート・クラリネット・サックス・オーボエ・ファゴット・・・・・・これらの楽器、それぞれのすべてのメーカーをあげるとこれまたきりがなくなってしまいますので、今、ぱっと思い浮かんだメーカーをあげてみます。

フルート: ムラマツ ・ サンキョウ ・ヤマハ ・ パウエル ・ ヘインズ・・・などなど

クラリネット: B.クランポン ・ ヤマハ ・ セルマー・・・などなど

サックス: セルマー ・ ヤナギサワ ・ ヤマハ ・ カイルベルト ・ キャノンボール・・・などなど

オーボエ: マリゴ ・ ヤマハ ・ F.ロレー ・ リグータ ・ B.クランポン・・・などなど

ファゴット: ヘッケル ・ ピュヒナー ・ シュライバー ・ ヤマハ ・・・・などなど

☆当工房は、販売はいたしておりませんので、特に推しているメーカーはありませんし、上記のメーカー順もリペアマンが頭に浮かんだメーカーをあげただけなので、この順がいいメーカーなのかとか、この中にないから自分の楽器は・・・・なんてこと思わないでくださいね。上記のメーカー以外にもたくさんのメーカーがあり、それぞれ、工夫をこらし良い楽器がたくさんあります!!

本当に全て書ききれないほど、たくさんのメーカーがあり、修理人はこれらのメーカーが生み出した独自のシステムにもそれぞれ対応していかなければならないので、日々、修行!! なのでございます。

それぞれの楽器は、色々な国で製造されています。もちろん日本国内やアメリカ・ヨーロッパ・アジア圏の国々・・・それはもう様々な国で作られています。


今日は、ちょっと珍しいメーカーのバスクラリネット(以下バスクラ)の修理依頼がありまして、お客様にお断りして紹介します。

年代物のバスクラリネットです!!


メーカーは、こちらのエンブレムをご覧ください。


エンブレムに 「CONN」(コーン)とあるのがわかりますか?
金管楽器で有名な、アメリカのメーカーの「コーン」です。お客様もネットで購入されたとのことなので、詳しいことはわかりませんが、昔、アメリカで製造されたものだと思います。

現在のコーンが出しているのは金管楽器とサックスなので、コーンのバスクラは結構、珍しいのです。

楽器のメカニック自体は、他のメーカーとほとんどかわりませんが、しいていうなればレジスターの変換機能部分の音孔位置がちょっと違うかなという感じです。

   

左は、ヤマハのYCL622です。右がコーンの452N。音孔位置が逆ですが、レジスターの変換機能自体は変わりません。

かなりマニアックな話になってしまいました。楽器好きの方にとっては、おお!! っという話だと思いますが、このブログ、小学生のお友達も読んでくださっているとのことなので、なにが違うの?って感じに思われる方もいるかな。すみません。ともかく、そんなに日本には出回っていない珍しい楽器ということです。


今日は何が言いたかったかといいますと、色々なメーカーがあり、同じ楽器でもメーカーによって楽器の構造上のシステムが色々と違うということです。

もちろん音をだすうえで、フルートなのにフルートとは違う音がでちゃうなんていうのはおかしいので、基本は一緒です。でもそこから、もっと吹きやすいようにとか簡単な指で吹けないか、もっといい音色に・・・などなど楽器を製作している方々は、日々試行錯誤なさって新しいモデルが発売されるわけです。

年代物の楽器は、パーツが手に入らなかったり、かなりガタがきていたりと修理をするのも難しいのですが、Soloのリペアマンは修理しにくいものがくると、絶対に治してやるぞ〜!!と、リペアマン魂が燃えるようで張り切っています。

アトリエSoloでは、年代物でもお客様の楽器をよみがえらせます。管楽器修理人をやっていると、こういった珍しい楽器に出会えるのも楽しみの一つです!! ぜひぜひ、お問合せください。

※Soloでは、出来る限りの楽器を再生させるため、日々努力しておりますが、楽器の状態によっては、修復不可能な場合もありますのでご了承ください(その際は、お客様にその理由を明確に説明させていただきます)
author:アトリエSolo, category:修理・改造, 11:50
comments(0), trackbacks(0), -
ありがとうございます!!
今日は、もう1つとても感動したことがあり、さっそくブログを更新します。


3・4年生の音楽の授業あと、6年生の総合の授業にもお邪魔させていただきました。

現在、6年生は総合の授業で

「12歳のハローワーク」

という勉強をしているそうです。

自分の将来つきたい仕事について色々調べているそうですが、今日は、"仕事をしている人に話を聞いてみよう" ということで、管楽器リペアマンの仕事についてお話させていただきました。

皆の参考になるような話ができたか少々不安でしたが、管楽器リペアマンとしての熱い思いを語ってきました。



その後、とても嬉しいプレゼントをいただきました!!



生徒さん、一人一人が感想を書いてくれたのです。

皆、それぞれ夢は違うけれど、その夢に向かって努力していこう。中学生になってもその先も頑張って夢を実現させたい!! そんな思いがたくさんつまっていてジーンと感動してしまいました。

音楽の仕事といってもいろいろな種類があって、管楽器リペアマンという仕事を初めて知ったという生徒さんもいました。

我々管楽器リペアマンは、表舞台にたつような目立った職業ではありません。
一つ一つ、手作業で細かい地道な作業を淡々と続けていきます。とても疲れたなあと思うこともありますが、お客様の温かい声をいただいたり、こんな職業もあるんだと知っていただける それだけで、こんなにも元気をいただけるなんて、こちらこそ、

「ありがとうございます!!」

と、皆さんにお伝えしたいです。

2013年、とてもいいスタートをきることができました。
これからも熱い情熱を修理に込めて、お客様の笑顔のために邁進いたします!!

author:アトリエSolo, category:修理・改造, 18:07
comments(0), trackbacks(0), -
お好みに合わせて

 こんにちは。いよいよ、冬本番という感じでとても寒くなってきましたね。早いもので12月。2012年も残すところあと1か月です。Soloも気合をいれて、忙しい師走をかけぬけたいと思います。


さて、今回はオーボエのキイの改造を承りましたので、そのことを書かせていただきます。

今回、承りましたのは・・・・・・


1. 指掛けの位置変更



2. 右手小指の部分のキイの高さ調節




3. 右手人差し指のキイにベロをつける


1 は、お客様とよくお話させていただき、手にピッタリフィットするような位置に変更いたしました。

2 は、以前からお使いの楽器よりもキイの高さが低く使いにくいとのことでしたので、ちょうどいい高さにキイをあげました。

3 は、部品をロウ付けしました。こちらの改造の様子をごらんください。
 
            
部品を作成し、取り付け位置を確認します



キイに部品をロウ付けします



                    
ロウ付け後、メッキやさんへ ピカピカです!!
<当工房では、日本電鍍工業株式会社さんへメッキをお願いしています>




新しいタンポをつけて完成!!  
 


楽器をお持ちの方それぞれが、手の形や大きさが違います。アトリエSoloでは、このように楽器を持ち主にピッタリになるよう調整や改造を承ります。

無理をして吹いているよりも自分にピッタリフィットした楽器の方が、楽に長時間演奏できると思います。お気軽にご相談ください。木管楽器全般、承っております。

以前、TwitterやFaceboookにのせた新しいロウ付け台。アームの土台が磁石で自由に動くのでなかなか良いのですが、アーム部分が弱いので、そのうち改造したいと思っています。


author:アトリエSolo, category:修理・改造, 12:42
comments(0), trackbacks(0), -
洗います!!

こんにちは。久々の更新となります。皆さん風邪などひかれていませんか?これからの季節、手洗いうがいをよくして、風邪を予防しましょうね〜。


さて本題にはいります。今回は、楽器洗浄のお話です。

アトリエSoloでは、サックスやフルートなどの金属の管体の楽器をお預かりして調整する際、管体の洗浄も行います。


アルトサックスを例にみていきましょう。まずは、全体のキイをはずしていきます。


ベルもはずします。



管体についたほこりや管体内をきれいに洗い流します。



きれいになり、楽器も嬉しそうです♪



ピカピカになりました。



ここからキイを取り付けて、タンポ合わせ&バランス調整をしていきます。
このように、調整する前に管体のお掃除をしてから、調整してお客様のお手元にお届けします。

木の管体のクラリネットやオーボエ等もきれいにお掃除をして調整いたしております。
普段、お客様自身の手でここまでお掃除をすることは、出来ないと思います。管体のお掃除をするだけで音の鳴りもよくなりますよ。

ここまでのお掃除をする場合は、お預かり修理となってしまいますので、お時間のあるときにぜひ1度お試しください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

author:アトリエSolo, category:修理・改造, 16:16
comments(0), trackbacks(0), -
管体割れ修理


まだまだ日中は暑さが厳しいですが、朝晩はちょっと涼しい風が吹いてだんだん秋に向かっていますね。季節の変わり目、体調を崩さないように気を付けましょうね〜。

これからあっという間に季節は変わり、だんだん涼しい秋から冬へ。湿度もカラカラの木管楽器にはつらい季節がやってきます。

木は生きています。ちょっとした気温差や湿度で日々変化しています。とくに寒い季節は注意が必要です。寒い季節に冷えた管体に温かい息を入れると管体の内側だけが膨らもうとします。しかし、外側は冷たいままなので、膨らみたい内側とそのままでいたい外側がケンカして、管体に割れ目が入ってしまうことがあります。

ちょっと見えにくいですが、矢印の部分に線が入っているのわかりますか?管体が割れています。
   

とくに購入したばかりの楽器は注意が必要です。木がまだ水分になじんでいないので、たくさんの水分と急な膨張により割れやすいです。もちろん長年愛用している楽器でも割れることがありますので、注意してくださいね。

割れないようにするには、徐々に楽器を温めていくことです。いきなり吹きださずに少しずつ息を入れていき、管体の内側を温めます。それから、こまめにスワブで水分をとることも大事です。

ただ、どんなことをしても色々な条件が重なって割れてしまうことはあります。

そんなときは、アトリエSoloにお任せください。先ほどの割れがこの通り!!
     

先ほどの割れた跡がきれいになりました。写真では、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、表面上全くわからないほどの仕上がりです。
もちろん割れ方によっては完全にきれいにならない場合もありますが、アトリエSoloでは、割れ修理はもっとも得意とする修理です。割れてしまったかも・・・と思ったら、アトリエSoloにご相談ください。お客様の大切な楽器をよみがえらせます!!

author:アトリエSolo, category:修理・改造, 09:00
comments(0), trackbacks(0), -
タンポ虫!!
 
タンポ虫って、みなさんご存じですか?
最近、うちの子供が飼い始めた虫・・・・・・・では、ありませんよ〜。

長いこと楽器をケースから出していなかったりすると、この虫がタンポを食べてしまったりします。しまったままの洋服が虫に喰われたなんてこと、ありますよね。それと同じです。


タンポとは、木管楽器のキイについていて、穴をふさぐためのものです。
この白くて丸いのが、タンポです(これは虫に喰われたタンポでは、ありません)  


タンポ虫、正確には「カツオブシムシの一種」らしいですが、どこからともなくやってきて、
久しぶりに楽器を吹こうと思ったら「ギャー」なんてことが。


こちらが、喰われてしまったタンポ。
とてもおいしいのか、かなりの食べっぷりです・・・・・・・  

因みに虫自体の大きさは、とっても小さいので、虫嫌いの私が見ても大丈夫
でも自分の大切な楽器が、虫に喰われていたら嫌ですよね。

そういえば最近、楽器をさわってないなあという方や学生のとき以来しまいっぱなしなんて方は、たまにケースを開けてみてください。ちょっと風を通すだけでも全然、違いますよ。

もしも、あれ、この細かい粉は、なんだろう?もしや・・・虫食い?なんてことがありましたら、
ぜひぜひ、アトリエSoloにご連絡ください!!すぐに、退治いたします
author:アトリエSolo, category:修理・改造, 13:20
comments(0), trackbacks(0), -
ケース修理も承っております
ケースの持ち手が取れてしまった!ケースの留め金が壊れてしまった!ということはありませんか?

アトリエSoloでは、ケース修理も承っておりますので、お気軽にお問合せください。



 
author:アトリエSolo, category:修理・改造, 15:30
comments(0), trackbacks(0), -
楽器をピカピカに
 皆さん、楽器を吹いたあとはクロスで拭いてからしまっていますか?
銀メッキの楽器をお使いの方は、しまう前にシルバークロスで拭くと良いですよ。

でも毎日、きれいに拭いているはずなのに、キイが黒ずんできてしまった・・・ということありますよね。
購入してから月日が経つと、どうしてもメッキが変色してきてしまいます。



買った頃のようにピカピカになったらいいのに、と思ってもなかなか自分では磨ききれないと思います。そんな時、楽器の調整にだしたときに一緒に磨いてもらったらいかがでしょうか?



ごらんのとおりピカピカです
メッキが浮いてしまっているところなどは、完全にきれいにならないこともありますが、とてもきれいになりますよ!!

楽器がきれいになると吹くのがいっそう楽しくなるかもしれません
ぜひ、一度お試しください。



author:アトリエSolo, category:修理・改造, 13:10
comments(0), trackbacks(0), -